読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんてったってママアイドル

なんてったってママアイドル

白内障の手術をして、見事に視力回復!

幼少より近視がひどく進み、10歳にして眼鏡をかけ始め、中学生になる頃には裸眼の視力は0.1以下まで下がっていました。またアトピーを患っており、25歳の時にアトピー性の白内障が発症していると眼科で診断され、その後目のレンズが濁り始めどんどん見えづらくなっていきました。
 
特に日光を浴びた下ではほとんどものを見ることができず、秩父へバスツアーの日帰り旅行に行ったときに百合の花の庭園を見る時があったのですが日光のまぶしさでほとんど見えませんでした。その後普通自動車免許の更新があり、視力検査で全く見えず落第となり、これをきっかけに手術することになりました。
 
幸い病院は家から徒歩3分の距離にあったので、入院はせず片目を順番に手術することに。手術は目に麻酔の点眼をして、痛みは全くなくそれぞれ15分ほどで終了しました。驚いたのは、手術後、裸眼でも普通に生活できるほど視力が回復していたこと。
 
裸眼で0.5くらいになりました。おかげで家にいるときや、スマホやパソコンを使うときは完全に裸眼で問題なくできています。ただちょっとデメリットもあって、レンズを人口のものに交換したので、至近距離のものが焦点が合わずちょっと見えづらくなりました。ただ本当に糸などを近くで見るような場合限定なので、生活に支障はないです。目が見えるということはとても幸せであり、その幸せを毎日噛みしめています!